ジェンダー化する哲学 - 大越愛子

大越愛子 ジェンダー化する哲学

Add: rehecisu16 - Date: 2020-12-03 01:41:14 - Views: 543 - Clicks: 6911

闘争するフェミニズムへ. 大越, 愛子(オオコシ, アイコ). 大越愛子, 志水紀代子編著. 京都生まれ。京都大学文学部哲学科卒、1975年同大学院博士課程満期退学。1990年近畿大学文芸学部専任講師、93年助教授、98年. 大越 愛子「ジェンダー化する哲学」 大越編1999:001-007 志水 紀代子「『暗い時代』の人間性――H.アーレントの「友愛(友情)について」」 大越編1999:011-047 cf. ジェンダー化する哲学: フェミニズムからの認識論批判: 編集者: 大越愛子, 志水紀代子: 出版社: 昭和堂, 1999: 書籍の提供元: カリフォルニア大学: デジタル化された日: 年3月3日: ISBN:,: ページ数: 274 ページ : 引用のエクスポート: BiBTeX.

5 形態: 203p ; 20cm 著者名: 大越, 愛子(1946-) 書誌ID: BAISBN: 『性差別する仏教: フェミニズムからの告発』(大越愛子) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:女のままでは仏になれない。女性を切り捨てて、男だけの世界を築いてきた仏教のゆがみを厳しく糾弾。. フェミニズム的転回 - ジェンダー・クリティークの可能性 - 大越愛子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 【最安値 2,640円(税込)】(10/16時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ジェンダーカスル テツガク フェミニズム カラノ ニンシキロン ヒハン|著者名:大越愛子、志水紀代子|著者名カナ:オオゴシ,アイコ、シミズ,キヨコ|発行者:昭和堂(京都. 『フェミニズム入門 (ちくま新書 (062))』(大越愛子) のみんなのレビュー・感想ページです(6レビュー)。. 個人的体験を政治化する : 私と/のフェミニズム: 大越愛子 著 男性性への疑問: 倉橋耕平 著 化粧という些細で重要な問題 : 私>という経験を通じて 玉置育子 著 慰安婦>と: 性奴隷>をめぐるジャーナリズム史 倉橋耕平 著.

近代日本のジェンダー : 現代日本の思想的課題を問う フォーマット: 図書 責任表示: 大越愛子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三一書房, 1997. ジェンダー化する哲学 : フェミニズムからの認識論批判 フォーマット: 図書 責任表示: 大越愛子 ; 志水紀代子編著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 昭和堂, 1999. 男性によって独占されてきた哲学パラダイムへ女性からの挑戦。 ジェンダ-化する哲学 / 大越 愛子/志水 紀代子【編著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. ジェンダー化する哲学 : フェミニズムからの認識論批判 フォーマット: 図書 責任表示: 大越愛子, 志水紀代子編著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 昭和堂, 1999.

11 形態: iv, 274p ; 20cm 著者名:. 大越愛子 著 倫理学とジェンダーの視点 : ハンナ・アーレントの政治哲学とその転回: 志水紀代子 著 美的判断力の可能性: 持田季未子 著 「日本」論という思想 : 同化の「暴力」 井桁碧 著 女性史研究と性暴力パラダイム: 藤目ゆき 著. ジェンダー化する哲学 : フェミニズムからの認識論批判. 研究者「大越 愛子」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 5 形態: 203p ; 20cm 著者名: 大越, 愛子(1946-) 書誌ID: BAISBN:. ジェンダー化. Engendering philosophy : feminism and epistemology. 『ジェンダー化する哲学』志水紀代子共編著 昭和堂 1999 『加害の精神構造と戦後責任』池田恵理子共編 緑風出版 (日本軍性奴隷制を裁く-年女性国際戦犯法廷の記録 第2巻).

ジェンダー化する哲学 : フェミニズムからの認識論批判 フォーマット: 図書 責任表示: 大越愛子, 志水紀代子編著 出版情報: 京都 : 昭和堂, 1999. ジョン・ボズウェル, 大越 愛子. 『ジェンダー化する哲学』志水紀代子共編著 昭和堂 1999 『加害の精神構造と戦後責任』 池田恵理子 共編 緑風出版 (日本軍性奴隷制を裁く-年女性国際戦犯法廷の記録 第2巻). 私たちの研究の第一の目的は、近代日本の共同体思想を本質主義的に捉えるのではなく、それを構成している諸要因から構造論的に分析することにあった。これらの諸要因のなかで、私たちは宗教、習俗一般、優生思想、ジェンダー思想に焦点を絞った。さらにその分析において、異なった共同. 大越愛子著: 敗戦/占領とジェンダーのポリティクス: 井桁碧著: 沖縄から広がる戦後思想の可能性 : 戦場における女性の体験を通じて: 洪ユン伸著: リブの可能性と限界 : 主婦と娼婦の分断: 菊地夏野著: 女性学の戦後 : よりよく〈わたし〉を生きるために.

Amazonで愛子, 大越, 紀代子, 志水のジェンダー化する哲学―フェミニズムからの認識論批判。アマゾンならポイント還元本が多数。愛子, 大越, 紀代子, 志水作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ジェンダー化する哲学―フェミニズムからの認識論批判 大越愛子・志水紀代子編著 昭和堂 1999年11月25日 初版. 「フェミニズム的転回叢書」第1巻は、哲学、倫理学、美学、宗教社会学、歴史学の各分野で活躍する著者達による刺激的なジェンダー批評の実践を提示する。 【著者紹介】 大越愛子 : 1946年生まれ、近畿大学文芸学部教授。女性学・哲学・宗教学専攻。. 本書は、哲学、倫理学、美学、宗教民俗学、歴史学の各分野で活躍する著者たちによる刺激的なジェンダー批評の実践である。 フェミニズム的転回 / 大越 愛子/志水 紀代子/持田 季未子/井桁 碧/藤目 ゆき【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. カバーに幾分の痛み 帯に幾分のヤケ痛みなど 本文の通読には差し支えありません / 冊数 : 1冊 / 刊行年 : 1999年 初版1刷 / 出版社 : 昭和堂 / ページ数 : 274p / サイズ(判型): 20cm / ISBN :. ジェンダー化する哲学 : フェミニズムからの認識論批判. 大越 愛子(おおごし あいこ、1946年 - )は、日本の哲学者、女性学者、近畿大学名誉教授。vaww-netジャパン運営委員。 来歴・人物. jpが発送する¥以上の注文は通常配送無料(日本国内のみ).

ジェンダーカ スル テツガク : フェミニズム カラ ノ ニンシキロン ヒハン. 大越 愛子・志水 紀代子『ジェンダー化する哲学――フェミニズムからの認識論批判』,昭和堂,274p. 2400 ※ *f 大越 愛子・井桁 碧 編『脱暴力へのマトリックス――戦後・暴力・ジェンダー・2』,青弓社,314p. ジェンダ-化する哲学 - フェミニズムからの認識論批判 - 大越愛子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

大越 愛子,志水 紀代子『ジェンダー化する哲学―フェミニズムからの認識論批判』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 11 形態: iv, 274p ; 20cm ISBN:著者名:. Pontaポイント使えます! | ジェンダー化する哲学 フェミニズムからの認識論批判 | 大越愛子 | ジェンダー化する哲学 - 大越愛子 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. ジェンダー化する哲学 フェミニズムからの認識論批判 (昭和堂) 大越 愛子・志水 紀代子編著 経年やけ、カバーすれきずよれ、小口系よごれ、前見返し謹呈サインあり 追加画像のご確認お願い申しあげます 新品ではございませんのでスレや経年のやけ・しみ等もありえます。. Amazonで愛子, 大越, 紀代子, 志水のジェンダー化する哲学―フェミニズムからの認識論批判。アマゾンならポイント還元本が多数。愛子, 大越, 紀代子, 志水作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

ジェンダー化する哲学 : フェミニズムからの認識論批判 Format: Book Responsibility: 大越愛子 ; 志水紀代子編著 Language:.

ジェンダー化する哲学 - 大越愛子

email: idovyk@gmail.com - phone:(894) 378-3103 x 1807

続・鍼の道 - 高島文一 - 金井達蔵 小学校関心

-> 多発筋炎の診断と治療 - 木下真男
-> お話になりません - 255

ジェンダー化する哲学 - 大越愛子 - 知的生活研究所 大人のマナー漢字の便利帳


Sitemap 1

人間関係学トピックス100 - 齊藤勇 - 大越愛子 ジェンダー化する哲学